NEWS

Sep 22 2011

BICYCLE FILM FESTIVAL TOKYO 2011

自転車を肌で感じて楽しめるブロックパーティー、そしてフィルム上映会が開催

様々な角度から自転車の魅力を伝えるワールドワイドな自転車の祭典『BICYCLE FILM FESTIVAL』(以下、BFF)。数多くの自転車フリークたちを虜にするこのイベント、今年は3日間に及んで行われ、初日の『BIKES ROCK PARTY』に続き、『BFF BLOCK PARTY』、そして待望の映画上映が残りの2日間で行われました。去る8月27日と28日の2日間、青山・国連大学前ファーマーズマーケットの一角にて行われた「BFF BLOCK PARTY」は、ワークショップやスポンサーブースが出店した他、BMXのデモンストレーションが行われるなど、会場内に集まった自転車好きはもちろん、何も知らずに会場の前を通りかかった人たちの足を止めてたりと、とにもかくにも会場内は拍手喝采大盛況だったのでした。翌日には東日本大震災被災地の方々のためにと、国連大学前から映画の上映会場までみんなで走るチャリティーライドも実施(※参加費の500円が被災地での活動支援金として届けられました)。また、今回のメインイベントとも言える映画上映も2日間に及んで開催され、プロアマ問わず、世界中から集められた多数の作品の中から厳選された作品が上映されたことにより、数多くのファンたちを魅了したことは言うまでもありません。BFFの創始者、ブレンド・バーバー氏の自転車への思い、魅力、そして自転車を通して出来ることが十二分に伝わった今回のBFF。様々な問題が起こっているこんな時代だからこそ、改めて自転車カルチャーの素晴らしさを一人ひとりが再確認しなくてはいけない、そんなことを考えさせてくれるきっかけを与えてくれた3日間だったと言っても過言ではありません。

ブロックパーティーの会場内に設けられた「オニツカタイガー」のブースには、2012年2月にリリースされる「KEIRIN LE」が展示。1974年に登場したサイクリングシューズをデザインベースにしたこのモデルは、自転車乗りたちを確実にサポートしてくれる

自転車にまつわるグッズも多数販売。売り上げ金の一部は東日本大震災の被災地へ届けられた

「自転車で働こう!!!」と描かれたユニークな自転車も販売

ファーマーズマーケットが会場となったことにより、各地からの特産物のブースも

「BFF」の公式Tシャツも初日に行われたBIKES ROCK PARTYに続き販売された

BMXプロ集団「430」のメンバーとしてもお馴染みの内野洋平、そして田中光太郎によるパフォーマンスに大歓声が起きた

右から3番目がBFFの創始者ブレンド・バーバー氏。自転車カルチャーの素晴らしさを日本のみんなへ届けた

各日ともに3プログラムに分け、異なる内容で上映された自転車フィルム

(URL)

http://www.bicyclefilmfestival.com/tokyojp/