松井愛莉 look.2

夢中になったら一途! 新しい興味に
飛び込むことで可能性の扉が開く

モデルや俳優など、幅広く活躍する松井愛莉。自身の仕事観について聞いたlook.1に続き、look.2ではファッションアイコンの感性や好奇心旺盛な性格で紡ぐ私生活についてインタビュー!

look.1のスポーティな雰囲気を変え、モードライクな着こなしに。シースルーワンピースとスニーカーで洗練されたブラックスタイルを、ファージャケットでエレガントに仕上げた。大人の女性の色気をスパイスに、親しみやすさと華やかさを手に入れている。「タイトなワンピースにスニーカーを合わせることで、上品なアイテムを使いながら、カジュアルに寄せるスタイリングが好みでした。短い丈は着慣れなくてちょっとソワソワしちゃうけど(笑)……今季はワンピースに挑戦してみたいと思いました」。二つのlookを振り返って「一つのブランドで着こなしに幅があって、さまざまな色や柄、デザインの合わせを楽しめるのが魅力」と笑顔で語ってくれた。

私服は、ゆったりしたシルエットのメンズライクな格好が多いが、ショートヘアにしてから改めてファッションについて見直したそう。「髪を切ってファッション的に変化がありました。昔はピタっとした服に苦手意識があったけれど、意外とハマってるかもって新しく発見して。トップスなどどこかにすっきりしたタイトなものや肌見せするものも着られるようになったんです。それから、普段着てなかった服を着てみようと思えたり、ファッションがより楽しくなって日々の気持ちもハッピーに!」

そんな感性の変化の途中で気になったアイテムはというと……。「ハーフパンツ穿いてみたい。個人的にバランスが難しくて、去年買ったけど結局今まで着られなくて。あと、ニットポロやポロシャツ風のカットソーなど、首元だけボタンがついた(ヘンリーネックの)トップスも気になっているので、合わせて少年っぽく着こなしたいですね」

彼女自身、気になったり、新鮮に感じたりするものは率先して試していく。そして、満足するまで没頭する。それが忙しく過ごす毎日の息抜きにもなっているようだ。「外食をあまりしなくなって、料理にハマっています。味に自信はないから人に食べさせられないけど、和食をよく作っています。きんぴらごぼうとか筑前煮とか。おばあちゃんから定期的に野菜をもらうので、いつも新鮮なヘルシーな食材を使っています。体を整えることで、仕事にも良い影響を与えますから。野菜を切っていると気持ちがすっきりするというのもあって、料理が好きになったのかも(笑)。余った食材で、創作料理に挑戦するのも楽しいんです。」

料理と並んでハマっていること、それは巷で人気のサウナだ。1ヶ月前に友達に勧められて訪れたら虜に! 「気持ちをリセットしてすっきりさせたい時に行きます。最初は冷たい水風呂に入ると心臓が止まりそうで怖かったんですが、一回入ったら気持ちよくて(笑)。いつも何セットか繰り返して、気持ちよく“整って”ます」。好奇心を持って、最初の一歩を踏み出す彼女の魅力的な内面をうかがえたひと時。常に絶やさない彼女の笑顔の理由を知った気がした。


Direction : Shinsuke Nozaka
Photo, Movie : Yoshiaki Sekine (SIGNO)
Stylist : Kosei Matsuda (SIGNO)
Hair & Make-up : Kiyoshi Aiba (eif)
Text : Hisamoto Chikaraishi

MORE