賀来賢人 look.2

賀来賢人さんインタビュー第2弾!
仕事観を通して27歳の素顔を覗きます。

若手俳優陣のホープとして大活躍中の賀来賢人さん。27歳を迎えて大人の魅力も加わり、役柄の広がりに期待も高まります!LOOK.2ではお仕事のお話を中心に、賀来さんの仕事観に迫ります!

p2

── 俳優になられたきっかけを教えてください

僕はすごいTVっ子で、当時「木更津キャッツアイ」というドラマが好きだったんです。それを観て、出演されている方がとても楽しそうに見えて、こういう仕事をやりたいなって思ったのが一番のきっかけだと思います。

あとは、もともと目立ちたがり屋だったのかも知れないですね(笑)。この前占い師の人に見てもらったら「前世から目立ちたがり屋だった」と言われて。「それはもう血だよ」みたいな感じで(笑)。

── 役者というお仕事を始めて変わった部分ってありますか?

このお仕事って喜怒哀楽を表現するじゃないですか。悲しくなくても泣かなきゃいけないし。だからそういったリミッターを外すことができるようになったので感情は豊かになりました。怒りやすくなったし、泣きやすくも。でも役を引きずることはないですね、舞台下りたらペローンって感じで(笑)。

p3

── 役づくりのために努力をしたり研究したりする方ですか?

そもそも“役づくり”という言葉があまりしっくり来ていないんです。役をつくるとか、なりきるとか、気持ちを入れるとか、そういうタイプではないのかも知れないです。やっぱり演じている自分を客観視しないと、頭がおかしくなっちゃいますからね(笑)。そこの切り離しが上手な人が、面白い役者さんなのかなって思います。

── 影響を受けた役者さんはいますか?

石橋蓮司さんです。すごくキャリアが長くていらっしゃるのに、いまだにご自分でご自分のことを下手くそって言っているんです。「下手だからは俺は努力しなくちゃダメなんだよ」という言葉を聞いて、本当にすごいなと思いました。現場でも色々なアイデアを出して頂いていました。

今一緒に舞台をやっている古田新太さんもそうですね。引き出しの多さがこの人は天才だなって。古田さんは「気持ちなんかクソ食らえだ!」ってよくおっしゃるんです。役者は基本的に嘘つきの仕事だから、いかに嘘をつき続けるかってことが大事というか。そう思わせた者勝ちなんですよね。その考え方が面白いなって思いました。

p4

── アマゾンプライムで配信中の「宇宙の仕事」にも出演中ですよね

ストーリーは地球防衛のために地球人が選出されて、地球侵略を目論む宇宙人を自分たちの星に帰るよう交渉するんです。それで、交渉してもらちが明かなかったらワキを見せて、ワキの匂いで追い返すっていう話なんです(笑)。でもそれをいかに本気でやるかっていう所が面白みになっていると思います。印象に残ったセリフは・・・ないですね(笑)。

監督の福田雄一さんとも仲良くさせていただいていて。実は初舞台も福田さんとご一緒でした。福田さんのお仕事の現場は、いかに福田さんを笑わせるかっていうゲームみたいなもので(笑)。福田さんを笑わせたら現場では正解っていうか。

── 演じる上で、ドラマと舞台で違いはあるんですか?

心構えは変わらないですけど、ドラマと舞台の違いって時間だと思っています。ドラマは一日に何十シーンも撮らなければいけないとか、一カットが瞬発的でやり直しがきかないという現実があったりします。でも舞台は1カ月間同じ稽古場を使って、何度もやり直しをして本番に臨むという流れだから、作り方の時間が根本的に違いますよね。でも、ドラマでは瞬発的な部分で発揮できる力が得られるし、舞台は生の反応があってすごく勉強になる。どちらも良い所があります。

p5

── もしこの仕事に就いていなかったら、今何をしていると思いますか?

古着が好きなので、古着屋とかはやりたいなって思いますね。あとは何だろうな・・・目立ちたがり屋だから何か注目を浴びることをしているかもしれないですね(笑)。

── 最後に、これからやりたいお仕事を聞かせてください!

旅番組がやりたいんですよ!仲が良い役者が3人くらいいて、「旅猿」や「モヤさま」みたいなゆるい雰囲気の旅番組をやりたいです!・・・って色々な方面に話している最中です(笑)。

p6