桜田通 look.2

桜田通さんインタビュー第2弾は、
気になる私生活にクローズアップ!

俳優業のほか音楽活動でも注目をあつめる桜田通さん。確かな演技力とマルチな活躍で、今ブレイク寸前の若手俳優の一人です。インタビュー第2弾では、桜田さんのプライベートトークを中心に、自ら分析した意外な性格から、好みの女性のタイプまで多彩な話題で盛り上がりました!

p2

──普段のファッションはどのような感じですか?

色は黒が多いです。服のカタチとかデザインは個性的なものが好きです。手持ちのアイテムだと、上下関係なく、どれを組み合わせても、ある程度成立するものが多いですね。好きだなと思ったものは何でも買っちゃいます。

──直感で選ぶ方なんですね

そうですね。買うなら買うし、買わないなら買わない、みたいな。あまり悩んだりはしないです。買い物は原宿や青山に行くことが多いですね。仕事の帰りとかに寄ったりして。オフの日はあまり家から出ないので(笑)。

p3

──インドア派なのが意外です!

オフだと、たいていずっと家にいますね。きちんとした服を着るのは仕事に行く時くらい(笑)。でも、服装だけで自分がどういう人間なのか、何となく分かってもらえると思うので、適当な服はあまり着たくないです。

そう言いつつも、オフの日はずっとパジャマでいますけど(笑)。ベッドから出られないんですよ。ずっとパソコンをしていたり、漫画を読んだりして過ごしてます。食事もそうで、どうでもいい時は、本当に一日食べなかったりするんですよ。食欲は湧くんですけど、食べるのが面倒でベッドから出られなかったりして(笑)。

──オンオフのギャップが激しいのかも

でも、内面でのオンオフの切り替えはあまりないと思います。こういった現場ではスタイリストさんやメイクさんがいたりして、見た目での変化はあるけど、僕の気持ちとしては常にフラットでいます。今も家にいる時と変わらない感じですよ。

p4

──自己分析すると、どんな性格だと思いますか?

自分の性格は…悪いヤツではないはずなんですよ(笑)。すごくこだわるものと、どうでもいいものの差が激しいとは思います。人と話をしていても、興味のある話題だと、ずっと聞いていたいんですけど、そうでない場合は顔が死んでいたり(笑)。こういうの、なんて言えばいいんですかねー。

──わりと極端な感じで…

極端です!その言葉でした(笑)。極端な性格をしていますね。何事にも極端なところがあって、ラーメンにハマったら一週間食べ続けたりすることもありました。服もすごく買っちゃう時期と、まったく関心がない時期があったりして。何なんでしょうね、こういう性格は…自分をコントロール出来ていないのかな(笑)。

p5

──もしかしてB型ですか?

B型です(笑)。B型ってガサツなイメージがあるじゃないですか。でも僕の場合、自分の部屋はすごくキレイにしておきたいんです。自分の領域みたいなものだけは、すごくこだわるんですよ。だからホテルとか、自分に関係のない場所だと、使い方がひどいと思います(笑)。

──すごい(笑)。仕事に影響が出たりしませんか?

作品に左右され過ぎることはあるかも。僕はコーヒーが飲めないんですけど、会社員の役をやっている時だけ飲めるようになりました。僕の勝手な考えで、オシャレな会社員=コーヒーみたいなイメージがあって(笑)。

あと、学生役の時はすごくカラオケに行ったりしていました。なんだか盛り上がることが好きになっちゃったりして。役をひきずるつもりはないんですけどね…(笑)。

p6

──女性に対してもこだわりが強かったりしますか?

いや、本当にあまり好みはないですけど、真面目で、誠実で、まっすぐな人が好きです。女性の服装に関しても、なんとなく自分のスタイルに近い人が良いのかなとは思いますが、正直こだわりはないかも。周りにどう思われても、自分たちが認め合っていれば良いですし。

──最後に、結婚願望はありますか?

ありますね、普通に。でも、できるならしたいし、できないならしたくない…くらいの軽い感じで。いつまでに!みたいなのはないですけど、遅すぎるのは嫌かなぁ(笑)。